TOP > 空港プロモーション > フライト・セーフティー・パック(機内液体物持込用袋)

フライト・セーフティー・パック(機内液体物持込用袋)

出発の旅行客各人に搭乗券を入れて手渡されます。

2007年3月1日より、液体物・ジェル類を対象とした国際線客室への液体物持ち込み規制が実施されました。

あらゆる液体物は、100mlの個々の容器に入れる。
容器は、1リットル以下のジッパー付無色透明ビニール袋に入れる。
一人当たり一袋。
保安検査場で、ビニール袋を保安検査のために検査員に提示する。

今回、この基準に適合した「フライトセーフティパック」(FSP)を用意し旅行客に配布いたします。空港での新たなプロモーション媒体として、FSPの下欄に広告スペースをご用意しています、ご活用ください。

  • 特徴

    • 出発前の成田空港、関西空港、羽田空港の全ての旅行会社のチェックインカウンターにおいて海外旅行客へダイレクトに配布されるため、高い訴求効果が期待できます。
    • 出発時から帰国時まで旅行者が常に携帯するため、目に留まる機会が多く、広告内容が強く印象に残ります。
  • FSP仕様

    • 収容部分:175mm x 175mm(収容部分)
    • 内容量:1リットル
    • 形態:ジッパー、手持ち用把手付き・透明ビニール製
    • 広告スペース:160mm x 50mm
  • 配布場所

    • 成田空港、関西空港、羽田空港の旅行会社のチェックインカウンターで配布

フライト・セーフティー・パック(機内液体物持込用袋)

実用新案登録 第3132148号

広告についてのお問い合わせは下記までご連絡ください

  • 株式会社 リバーフィールド社
  • 〒105-0013 東京都港区芝大門2-12-3 共生ビル2号館5階
  • TEL:03-3433-8602
  • FAX:03-3433-8608
  • E-mailはこちら